小規模旅館に最適なPMS - 旅館ホテルフロントシステム

小規模旅館のフロント業務を効率化!PMSシステム導入のメリットとは?

256室までの中小規模の旅館・ホテルのフロント業務を強力サポートいたします。

旅館のフロント業務とは?効率化のためにシステム導入がおすすめ 開発会社に相談を

トップページ / コラム一覧 / 旅館のフロント業務とは?効率化のためにシステム導入がおすすめ 開発会社に相談を

旅館のフロント業務とは?効率化のためにシステム導入がおすすめ 開発会社に相談を

旅館の宿泊管理効率化が期待できるフロントシステム

ホテルや旅館において非常に大切な部分を占める業務の一つとして、フロント業務が挙げられます。フロント業務には様々なものがあり、ホテルや旅館の重要な部署と言っても過言ではありません。フロント業務を効率化できれば、ホテルや旅館全体の業務効率化にもつながるでしょう。

こちらでは、フロントの基本的な仕事内容や、ホテルや旅館の効率化が期待できるPMS導入の効果についてご紹介いたします。

フロントの仕事内容とは?

ホテル・旅館の宿泊管理を行うフロント

ホテルや旅館のフロントでは、以下のような業務を中心に行っています。

  • チェックインやチェックアウト業務
  • 予約管理業務
  • 接客業務

チェックイン業務はお客様をお迎えし、システム上でチェックイン処理を進め、お客様にルームキーを渡す業務です。

チェックアウト業務はお客様が帰る際にルームキーを受け取り、ルームサービスなどを確認した上で会計をする業務となります。

予約管理業務とは、宿泊予約を受けて管理する業務です。宿泊予約課が予約の一括管理を行うことも多いのですが、フロントで行うケースもあります。

現在ではインターネットを通じて予約するケースが多くなっていますが、予約の電話がかかってくることも少なくありません。予約の電話がかかってきた場合、フロントマンが電話を受けて予約を管理することになります。

フロントが行う接客業務は、非常に多岐にわたります。代表的なものは、以下のとおりです。

  • 客室からの内線電話の対応
  • モーニングコールのセット
  • 外貨両替
  • その他お客様からの依頼や質問などへの対応

上記以外にも、会計伝票の作成や客室清掃のヘルプなどといった業務を担うことも多いです。

ホテルや旅館の従業員というと、真っ先にフロントの従業員を思い浮かべるのではないでしょうか。このことからもわかるように、フロント従業員の業務は非常に重要です。お客様とホテルの橋渡しをする中心的存在だと言っても過言ではありません。

フロント業務が煩雑になればホテルや旅館全体の業務効率は落ち込み、顧客満足度も低下してしまうおそれがあります。ホテルや旅館が営業戦略を考えていく上で、フロント業務の効率アップは非常に重要な要素であると言えるでしょう。

【PMS】ホテルや旅館のフロント業務の効率化には

【PMS】ホテルや旅館のフロント業務の効率化には

ホテルや旅館の業務効率アップには、フロント業務の効率化が重要です。

そこでおすすめなのが、フロント業務管理システムである「PMS(Property Management System)」の導入です。PMSを活用することで、以下のような業務の効率化が期待できます。

  • 予約管理
  • 顧客管理
  • 部屋管理
  • 会計
  • 各種帳票作成
  • 申し送り事項

一口に予約管理と言っても予約受付や部屋割り、宿泊者情報の管理なども挙げられます。部屋管理には残室管理や清掃有無などの確認も含まれており、業務の手間を大きく削減してくれるでしょう。

PMSで効率化できる業務はフロント業務の多くを占めており、PMSを導入することでフロント業務の効率化を図ることができます。

また、PMSを活用することで申し送り情報を従業員で共有できるようになれば、どの従業員が接客したとしても、顧客別の注意すべき点や趣味嗜好など細かいニーズに対応することが可能になります。

PMSを導入して事務の業務を効率化することで、フロントマンはお客様への対応業務により時間を割くことが可能になります。ホスピタリティ溢れる接客のためには、時間的にも精神的にも余裕が必要であり、そういった点からもPMSの導入が非常に効果的だと言えるでしょう。

さらに、PMSの導入によって業務プロセスが統一されることにより、業務の属人化の解消も図ることができます。どの従業員が顧客対応をしても対応レベルを一定以上に保つことができれば、ホテルや旅館全体の質を高めることが期待できます。

上記のように、PMSの導入によってホテルや旅館の業務効率化を図ることで、従業員の顧客対応力のアップにもつなげていくことができます。PMSの導入がもたらす効果は、業務効率化を通じてより大きな範囲にまで波及していくのです。

ホテルや旅館の宿泊管理を効率化するためにPMS導入をご検討中の方は株式会社アイックプランまでお気軽にご相談ください。

2つのシステムの違いやPMSの選び方

PMSの導入を検討する上で、サイトコントローラーとの違いについてよくわからないという方もいるのではないでしょうか。また、PMS導入の検討にあたって、持っておくべき視点がいくつかあります。そこを押さえておくことで、最適なシステムの導入を実現できるでしょう。

こちらでは、PMSとサイトコントローラーの違いやPMS導入にあたって念頭に置いておきたい、選び方のポイントについて詳しくご紹介いたします。

PMSとサイトコントローラーの違い

ホテル・旅館などの管理システムPMSとサイトコントローラーの違い

PMSと混同されやすいシステムに、サイトコントローラーが挙げられます。両者は異なるシステムであるため、区別しておくことが大切です。

サイトコントローラーとは、複数の予約経路を一元管理するシステムのことを指します。宿泊施設への予約経路は複数あり、管理が不足すると同じ部屋に別々のサイトから重複して予約が入ってしまうというような重大な問題につながってしまうおそれがあります。

そこで、サイトコントローラーを活用して予約を一元管理し、予約管理の事務負担を軽減しつつ、システムによるリスクを減らすことを目指す必要があるのです。

サイトコントローラーの代表的な機能は、以下のとおりです。

  • 予約管理機能:予約情報を一覧で確認可能
  • 料金ランク設定機能:繁忙期や閑散期など、時期による料金ランクを設定可能
  • 在庫や料金管理機能:客室の予約状況を一元管理して二重予約を防ぐ
  • 分析機能:予約経路別や部屋タイプ別の実績を集計・分析する

つまり、PMSとサイトコントローラーはそれぞれ以下のようなシステムだと区別することができるのです。

  • PMS:ホテル・旅館のフロント業務を一元管理するシステム
  • サイトコントローラー:複数ある予約経路を一元管理するシステム

サイトコントローラーには、PMSのようなチェンクインやチェックアウト管理機能、客室の管理機能などは備わっていないため、サイトコントローラーだけを導入するだけでは不十分だと言えます。

PMSとサイトコントローラーの両者を併せて導入することで、効率的かつ抜け漏れのないフロント業務が実現できるようになるでしょう。

PMSを選ぶ際のポイント

ホテル・旅館などの管理システムPMSを選ぶ際のポイント

PMSを選ぶ際には、以下のようなポイントを押さえておくことが大切です。

  • 自社に必要な機能を明確にしておく
  • オンプレミス型かクラウド型かを決める
  • 自社ホテルや旅館の規模に合わせて考える
  • 操作性の高さも確認する

PMSを選ぶ際にはまず、自社ホテルや旅館にとって必要な機能は何かを明確にしておくことが大切です。PMSを導入することで解決したい問題は何か、自社ホテルや旅館が抱える問題は何かを明確にしておくことで、PMSがもたらす効果を飛躍的に高めることができます。

必要な機能を明確にしないままPMSを導入してしまうと、不要な機能が出てしまい、経済的にも合理的ではありません。

また、PMSにはオンプレミス型とクラウド型の2種類があるため、どちらを導入するか選択しなければなりません。

オンプレミス型とは、ホテルや旅館内にサーバーを設置して自分たちで管理するタイプです。ホテル内で構成が完結するため、セキュリティ性が高いと言われていますが、初期費用が高額になりやすく、アップデートも自分たちで行う必要があります。

一方のクラウド型とは、Web上にあるサービスにアクセスして利用するタイプです。ホテルや旅館側でのサーバー構築や管理が不要となり、初期費用が圧倒的に低いことがクラウド型の特徴だと言えます。

PMSを選ぶ際には機能の充実度だけでなく、自社ホテルや旅館の規模に合っているのかも重要な要素です。

例えば小~中規模のホテル・旅館であれば、費用のことも考えて最低限の機能があれば十分であると考えられるでしょう。

そして、ホテルや旅館の従業員が日常的に使うことを考えると、操作性の高い製品かどうかは重要なチェックポイントになると言えます。また、使いやすいシステムであれば、導入の手間やコストもかからず、スムーズにシステムを移行することが可能です。

フロントシステムを導入して旅館の宿泊管理業務の効率化を目指すなら開発会社に相談を

ホテルや旅館のフロント業務は多岐にわたり、様々な部署の中心で橋渡しを行う重要な業務です。PMSを導入してフロント業務を効率化することで、ホテルや旅館全体の業務効率化が期待できます。

サイトコントローラーとの違いを整理し、自社ホテルや旅館に合ったPMSを導入することで、業務効率化と顧客満足度のアップを同時に達成しましょう。

中小規模のホテルや旅館を経営している方は、ぜひ株式会社アイックプランが提供するフロントシステム500シリーズの導入をご検討ください。

入力内容や項目が簡単でコンパクトでありながら、汎用性は非常に高く、動作画面や出力帳票には業務に活かせる情報が凝縮表現されております。事業規模に合わせた導入コストの設定を行っておりますので、旅館のフロント業務の効率化をお考えの方ははお気軽にお問い合わせください。

フロントシステム(PMS)を導入して旅館の宿泊管理業務を効率化!ご相談は株式会社アイックプラン

会社名 株式会社アイックプラン
代表取締役 池上 博成
設立 1979年9月(創業1973年8月)
資本金 1000万円
住所 〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1737−23
TEL 0557-27-1033
メールアドレス info@aick.co.jp
URL https://aick.co.jp/
営業時間 10時00分~17時00分
業務内容 OAコンサルティング、情報処理システム設計、パーソナルコンピューターのソフト開発、アプリケーションソフトの販売
開発管理システム
  • 販売管理・ガスシリンダー・ホテルフロント・
  • 旅館宿泊・受発注システム・酪農
  • 原価管理・老人ホーム・石材店・工程管理
  • 石油出荷予約・流量計検査
  • 通信制御・計器リモート設定・自動販売機検査
  • 漢字スクリーンエディタ・財務
  • コンタクトレンズ販売顧客LAN
  • 遊戯施設・スポーツクラブ・プロバイダー
  • 疫療法培養・チャイルドケアFC・不動産分譲