中小規模の旅館・ホテル宿泊管理ソフト - 旅館ホテルフロントシステム(PMS)

旅館・ホテルフロントシステム

256室までの中小規模の旅館・ホテルのフロント業務を強力サポートいたします。

【ホテルにフロント業務システムを導入】中・小規模企業に必要なITリテラシーの重要性

トップページ / コラム一覧 / 【ホテルにフロント業務システムを導入】中・小規模企業に必要なITリテラシーの重要性

ホテルにフロント業務システムを導入する前に…ITリテラシーの重要性

ITリテラシーを高めるメリットにはセキュリティ強化・トラブルへの適切な対応・効率的な情報収集・生産性の向上などがあります。中小規模のホテルもフロント業務システムの導入で業務効率化が可能です。

中小企業・小規模企業に求められるITリテラシーの重要性

Importance

社会のデジタル化が進む現代では、中小企業・小規模企業においてもITリテラシーの重要性が増しています。

ITリテラシーとは

ITリテラシーとは、通信・ネットワーク・セキュリティなどITに関連する要素を理解する、または適切に活用する能力のことです。主に次の3つの能力によって構成されています。

  • 情報基礎リテラシー
  • コンピューターリテラシー
  • ネットワークリテラシー

1つ目の情報基礎リテラシーとは「情報を正しく活用するための能力」のことです。あらゆる情報があふれる現代社会においては、膨大な情報の中から必要な情報を見つけ出し、その情報が本当に正しい情報かどうか判別できるスキルが求められます。

2つ目のコンピューターリテラシーとは「コンピューターを操作するための技術や知識」を指します。業務にパソコンを活用することが当たり前となった昨今、必要不可欠な能力です。

3つ目のネットワークリテラシーとは「セキュリティやネットワークなどの知識を技術的な側面から理解する能力」のことです。近年では、インターネットの正しい使い方やモラルなどを意味することもあります。

ITリテラシーの欠如が招くリスク

ITリテラシーが欠如している場合、次のようなリスクを高める恐れがあります。

  • セキュリティリスクが高まる
  • 企業ブランドを損なう恐れがある
  • 有益な情報を得られない
  • 生産性が上がらない

例えば、コンピューターに不慣れな従業員がスパムメールを見抜けず添付ファイルやURLをクリックしてしまった場合、重大な情報漏えいにつながる危険があります。情報漏えいなどの問題が起きた場合、世間からITリテラシーが欠如している企業とみなされ、企業ブランドを大きく損なってしまうリスクも否定できません。

また、市場動向を正しく把握したうえで事業戦略を立てることが必要となる企業においては、従業員のITリテラシーの低さは大きなデメリットになり得ます。ITリテラシーが低くITツールを上手く使いこなせなければ、生産性に影響を及ぼす可能性もあるのです。

ITリテラシーを高めるメリット

一方、ITリテラシーを高めることで、次のようなメリットが期待できます。

  • セキュリティ強化につながる
  • トラブル時に迅速・適切に対応できる
  • 効率よく情報収集できる
  • 生産性の向上を期待できる

知識不足による情報漏えいリスクを下げられるため、組織全体のセキュリティ強化につながります。万が一トラブルが起きてしまった際も、問題が大きくならないうちに迅速かつ適切に対応することが可能です。

また、効率よく必要情報を収集し、必要な情報を必要なタイミングでスピーディに活用できるようになります。その結果、生産性の向上も期待できるのです。

このようにITリテラシーは中小企業・小規模企業の企業活動においても非常に重要だといえるでしょう。

株式会社アイックプランでは、256室までの中小規模の旅館・ホテルのフロント業務の効率化をサポートする宿泊管理システムをご提供しております。ホテル内の設備をコンパクトに管理するシステムです。現在お使いのパソコンをそのままご使用いただけるケースがほとんどで、コストを抑えながらリテラシー向上を図りやすいシステムとなっております。実際の操作画面もご確認のうえ、具体的な導入を検討してみてください。

>>フロントシステム500シリーズ 実際の操作画面例はこちら

>>フロントシステム500シリーズの料金プランはこちら

中小企業・小規模企業こそITリテラシーを高めて業務の効率化を図ろう

improve

「情報基礎リテラシー」「コンピューターリテラシー」「ネットワークリテラシー」で構成されるITリテラシーが低い場合、以下の状況につながるリスクがあります。

  • セキュリティリスクが高まる
  • 企業ブランドを損なう恐れがある
  • 有益な情報を得られない
  • 生産性が上がらない

一方、ITリテラシーを高めることで、セキュリティ強化を図りトラブル時に迅速かつ適切な対応ができるようになります。また、効率よく情報を収集でき必要な情報を必要なタイミングで素早く活用できるようになります。

そのため、中小企業・小規模企業においてもITリテラシーは重要です。ITリテラシーを高め、ITシステムを導入・活用することで業務の効率化も実現できるでしょう。

株式会社アイックプランでは、256室までの中小規模の旅館・ホテルのフロント業務の効率化をサポートする宿泊管理システム「フロントシステム500シリーズ」を取り扱っております。コストを抑えたホテルフロントシステム導入で旅館・ホテルの業務の効率化を目指しているなら、まずは資料請求から始めてみませんか?

>>株式会社アイックプランの資料請求・お問い合わせはこちら

ホテルにフロント業務システムやフロントシステムの導入なら株式会社アイックプランへ

会社名 株式会社アイックプラン
代表取締役 池上 博成
設立 1979年9月(創業1973年8月)
資本金 1000万円
住所 〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1737−23
TEL 0557-27-1033
メールアドレス info@aick.co.jp
URL https://aick.co.jp/
営業時間 10時00分~17時00分
業務内容 OAコンサルティング、情報処理システム設計、パーソナルコンピューターのソフト開発、アプリケーションソフトの販売
開発管理システム
  • 販売管理・ガスシリンダー・ホテルフロント・
  • 旅館宿泊・受発注システム・酪農
  • 原価管理・老人ホーム・石材店・工程管理
  • 石油出荷予約・流量計検査
  • 通信制御・計器リモート設定・自動販売機検査
  • 漢字スクリーンエディタ・財務
  • コンタクトレンズ販売顧客LAN
  • 遊戯施設・スポーツクラブ・プロバイダー
  • 疫療法培養・チャイルドケアFC・不動産分譲