中小規模の旅館・ホテル宿泊管理ソフト - 旅館ホテルフロントシステム(PMS)

旅館・ホテルフロントシステム

256室までの中小規模の旅館・ホテルのフロント業務を強力サポートいたします。

旅館に宿泊管理システムの導入!宿泊管理システム業者の保守体制

トップページ / コラム一覧 / 旅館に宿泊管理システムの導入!宿泊管理システム業者の保守体制

旅館の宿泊管理システムを導入する際に把握しておきたい保守体制の重要性について解説

旅館の宿泊管理システムにおいて保守は安全なシステム運用に欠かせない重要なものです。保守体制を構築するポイントはトラブルへの対処やデータのバックアップ、セキュリティの強化などがあります。

宿泊管理システム業者の保守の体制や重要性

system and importance

管理システムを運用する際には、保守体制がしっかり整っていることが必要です。ここではシステム業者の保守体制や保守の重要性について解説します。

トラブルが起きたときにすぐ対処できる

システムにトラブルが起きた場合、保守体制が整っていればすぐに対応することができます。人の手で作られたものである以上、システムを運用するにあたって何らかの不具合が起きる可能性をゼロにするのは困難です。どれだけ完璧に見えるシステムだとしても運用中にトラブルが起きることを想定し、すぐに対応できる体制を作っておかなければなりません。

また、使用者が誤操作をしてしまった結果としてトラブルが起きた場合も、保守体制が整っていれば対策を立てられます。慣れていない人がシステムを使うとトラブルが発生する確率が高くなるため、万が一のことを考えて保守体制を構築しておくと安心です。

バックアップデータを使った宿泊管理システムの再構築が可能

誤った操作や停電など様々な理由でデータが消失してしまうことを考えて、バックアップ体制を整えることも大切です。近年は自動的にバックアップを取れるサーバーも増えてきましたが、バックアップデータを使ってシステムを再構築するところまで行ってくれるわけではありません。

保守体制が整っていれば、復元したデータを用いてシステムの再構築も行うことが可能です。さらに「○○のデータだけを取り戻したい」などの細かな注文にも対応できるため、トラブルが起きたときも最小時間でのシステム復元ができるのです。

セキュリティを強化できる

保守によってシステムの監視体制を構築しておけば、セキュリティの強化にもつながります。例えば、近年は様々な場面からサイバー攻撃に対するリスクマネジメントの必要性が高まっています。宿泊管理システムのセキュリティが整っていないと大切な顧客データを盗まれてしまう可能性も否定できないのです。

常に監視・リサーチを行える状態を作っておけば、セキュリティに関する重大な懸念が出てきたとしてもすぐに対応することが可能です。一方で、保守体制が整っていないと、セキュリティに問題が起きた場合の調査に時間がかかり、事態がさらに悪化してしまうかもしれません。安全にシステムを運用するためにも、保守は必要不可欠なものです。

業務中断による利益の損失を防げる

保守体制が整っていない状態でシステムの運用を始めるとトラブルが起きたときに業務が中断され、利益の損失につながります。トラブル解決までに時間がかかればかかるほど利益の損失は大きくなり、会社の業績に影響を与える可能性が高まります。業務が中断していなければ得ることができた利益は、もう取り戻せないものです。従業員が本業に集中し、利益の損失を生まないという意味でも保守体制が必要になります。

代替が効かないからこそ保守は必要

業者に注文し、オリジナルで作成した宿泊管理システムは代替が効かないものです。保守体制が整っていないとトラブルが起きたときに対処できず、宿泊管理システムがダウンしてしまうリスクがあります。ダウンしたシステムを1から作り直すことになるとさらなる費用と時間がかかることになるため、保守はとても重要なのです。

>>フロントシステム500シリーズの料金プランはこちら

関連情報:働き方改革における宿泊管理の効率化はどう行う?

保守体制が整った管理システムなら株式会社アイックプランへ

well-maintained

保守体制は管理システムを運用する上で必要不可欠です。保守体制が整っていないと、トラブルが起きたときに業務中断による利益損失につながったり、システムを1から作り直したりといったリスクが考えられます。

例えばシステムエラーが起きた場合、すぐに対処できる体制が整っていれば時間をかけることなく復旧することができます。データが消失した場合もバックアップを活用してシステムを再構築することが可能です。サイバー攻撃による情報流出の懸念が高まっているため、セキュリティの強化も欠かせません。

常に監視・リサーチできる体制を整えていれば、セキュリティの問題が起きたときに対処できるため安心してシステムを運用できます。

株式会社アイックプランではお客様に合わせたシステムの構築はもちろんのこと、保守体制も整えた上で運用を開始することができます。システム導入後は多面的なサポートができますのでぜひ、お気軽にお問い合わせください。

>>株式会社アイックプランへの資料請求・お問い合わせはこちら

旅館の宿泊管理システムの導入を相談できる業者をお探しなら株式会社アイックプランへ

会社名 株式会社アイックプラン
代表取締役 池上 博成
設立 1979年9月(創業1973年8月)
資本金 1000万円
住所 〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1737−23
TEL 0557-27-1033
メールアドレス info@aick.co.jp
URL https://aick.co.jp/
営業時間 10時00分~17時00分
業務内容 OAコンサルティング、情報処理システム設計、パーソナルコンピューターのソフト開発、アプリケーションソフトの販売
開発管理システム
  • 販売管理・ガスシリンダー・ホテルフロント・
  • 旅館宿泊・受発注システム・酪農
  • 原価管理・老人ホーム・石材店・工程管理
  • 石油出荷予約・流量計検査
  • 通信制御・計器リモート設定・自動販売機検査
  • 漢字スクリーンエディタ・財務
  • コンタクトレンズ販売顧客LAN
  • 遊戯施設・スポーツクラブ・プロバイダー
  • 疫療法培養・チャイルドケアFC・不動産分譲